FC2ブログ
人が成熟するということ3
2012 / 09 / 10 ( Mon )
家族療法の分化について書きましたが、人が成熟するということは、カウンセリングの目標をどこにするかという点と関係していると思います。つまり、相談者が「どのようになりたいか」という理想とする自己イメージ・自己像と関係しています。

同時に、心理療法ごとに目標とするあり方も異なっています。例えば、精神分析家のマックウィリアムズは、次のような目標があると述べています。

・精神疾患の症状が緩和すること
・洞察が深まること
・自分が自分の主体であるという感覚が増加すること
・アイデンティティが安定し、確立していくこと
・現実的なセルフエスティームが育つこと
・自分の感情を認識し、認めて、取り扱う能力が向上すること
・自我が強くなっていくこと(“その人が厳しい現実を否認したり歪めたりすることなく、現実を認めながら、持ちこたえられる方法を見つけ出すことができること”)

相談者がカウンセラーを選ぶ時、そのカウンセラーとの相性というのもありますが、それ以外に、そのカウンセラーが土台としている心理療法との相性というのもあると思います。相談者が目標とするものと、上記の例のように心理療法の目標(治癒像)が一致する、または近いものが望まれるのでしょう。

このあたりは、よく調べてみないと判断が難しいかもしれませんが、カウンセリングを受ける前に問い合わせをしてみたり、継続的なカウンセリングに入る前に実際に会って判断してみたりすることが必要かもしれませんね。


参考文献
マックウィリアムズ,N 成田善弘(監訳)(2006).ケースの見方・考え方,創元社.
スポンサーサイト
22 : 58 : 41 | 自己成長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人が成熟するということ2
2012 / 09 / 03 ( Mon )
分化をベースにした家族療法では、夫婦・カップルの行き詰まりと葛藤を大切にしています。セラピーの中でも、その行き詰まりや葛藤を解決しながら、分化レベルを高めていくアプローチを取ります。

そのことを別の視点から見れば、このセラピーは、夫婦やカップルが持っている不安を軽減するアプローチではなく、不安耐性を高めるアプローチであるとも言えます。


ボーエンは、分化の度合いを「分化尺度」という表現で述べ、0から100のスケールで考えています。著書の中から引用してみると、次のような説明があります。

「完全な分化とは、自分の家族に対する情動的な愛着を十分に解決した人に見られる。この人は、自己を十分に発達させており、必要であれば集団の中で個であり続けることができる意味から、情動的成熟に達していると言える。この機能レベルを、尺度100とする。

完全な未分化は、自分の家族からの情動分離をまったく獲得してこなかった人に見られる。その人は、集団の中で個であることができない「自己のない」人である。この機能レベルを、尺度0とする。」

つまり、自分の欲求や感情、意見を知り、こうありたい、こうなりたいという自分の思いを明確にして、そのことをパートナーにも表現していくことが出来るようにするのが、目標の一つです。そして、この過程そのものが分化を上げていくものとなります。


ところで、今回の研修の必須図書の一つに「結婚生活を成功させる七つの原則」という本がありました。著者が勤めているシアトル結婚・家族研究所で行った、650組の夫婦を14年間に渡って研究した成果が述べられています。大変、読みやすい一般書ですので、夫婦関係やカップルで悩みを抱えている方は読まれてみるのも良いかと思います。

参考までに、7つの原則を引用しておきます。

原則1:二人で愛情地図の質を高め合う
原則2:相手への思いやりと感謝の心を育てる
原則3:相手から逃げずに真正面から向かい合う
原則4:相手の意見を尊重する
原則5:二人で解決できる問題に取り組む
原則6:二人で行き詰まりを乗り越える
原則7:二人で分かち合える人生の意義を見つける

以上の7原則となります。

(続)


参考文献
カー,M & ボーエン,M. 藤縄昭・福山和女(訳)(2001).家族評価―ボーエンによる家族探究の旅,金剛出版.
ジョン,M,ゴットマン & ナン,シルバー 松浦秀明(訳)(2007).結婚生活を成功させる七つの原則、第三文明社
23 : 23 : 03 | 自己成長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人が成熟するということ1
2012 / 08 / 27 ( Mon )
8月中旬に受講した研修は、家族療法の分野に関するもので、精神科医のボーエンの理論である「分化」に関するものでした。

ボーエン(1913-1990)は、テネシー大学で医学博士を取得し、ジョージタウン大学医学センターやジョージタウン家族センターで臨床や教授をしています。家族療法の分野では、「ボーエン理論」と言われる独自の理論を生み出し、50編を超える論文や著書などを著しています。

ボーエンの理論は、家族システム理論とも言われ、複数の重要な概念があります。例えば、夫婦間で発生した不安は次の世代に伝達される「多世代伝達過程」や、夫婦間の葛藤が子どもを巻き込みながら安定する「三角関係」などがあります。

今回の8日間の研修では、複数あるボーエン理論の中から、特に「分化」というものを取り上げていました。分化というのは、平たく言えば、人間の成熟度にあたるものです。それは、人間には精神的に自分の人生をコントロールしたい欲求(個体性/自律性)と他人と接触したい本能的な欲求(一体性/愛着)があり、その両方のバランスを取っていく生き方のことです。

例えば、集団の中にいても集団の考えに流されず、自分の意志を表明することが出来るということが、分化度が高いということです。逆に、相手の人が受け入れられずに自分の気持ちや考えを述べず、その相手から遠ざかって孤立するような場合は、分化度が低いということになります。

分化には、4つの側面があると言われています。

①明確な自己意識を持っていること
②不安に対して自己鎮静できること
③過剰に反応しないでいられること
④成長のために痛みに耐えられること

(続)


参考文献
亀口憲治(2000).家族臨床心理学―子どもの問題を家族で解決する―,東京大学出版会.
カー,M & ボーエン,M. 藤縄昭・福山和女(訳)(2001).家族評価―ボーエンによる家族探究の旅,金剛出版.
23 : 44 : 19 | 自己成長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
葛藤について18(終わりに)
2012 / 03 / 20 ( Tue )
葛藤を手放すためのヒント集

8)終わりに
二元性という言葉がありますが、この世のものには、それぞれに反対のものが存在します。

葛藤を手放すためには、この両極端にある反対のものを平等に見ることが大切かもしれません。

喜び、怒り
楽しみ、悲しみ
成功、失敗

それらのどちらに転んでも、「今、ここで」のあり方に気づいていく。
そして、感情であれば、その感情が湧き上がって誕生し、波が自然に引いていくように、感情も消滅し無くなっていく。
成功してもおごらず、失敗したら必要以上に落ち込まずに何かを学んでいく。

こんなあり方が、生きやすくなる秘訣かもしれません。

何かに執着すれば、囚われて息苦しくなります。

こだわりを持ったとしても、そうじゃない場合を許容できる心の余裕を持ちたいものです。


(完)
00 : 12 : 11 | 葛藤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
葛藤について17(無意識の葛藤を意識化する)
2012 / 03 / 07 ( Wed )
葛藤を手放すためのヒント集

7)無意識の葛藤を意識化する(続き)
無意識の葛藤を意識化するために、自覚しているものから声を聞くという方法があると書きました。これは、次のように行います。

・まず、自覚できているものを選びます。例えば、「うずいている」感覚を取り上げたとします。
・次に、そのうずく感覚に意識を向けて、十分感じるようにします。
・その後、その感覚が話すとしたら、何と話すか聞いてみます。
・声が聞こえてきて、さらに確認したいことや疑問があったら、対話を進めていきます。

手順は、これだけです。この方法は、身体の感覚や感情を擬人化して、自己内対話を進めていくものです。

注意点は、無意識にあるものを意識化するのが目的ですので、出てきた声を批判したり、責めたり、善悪で判断したりしないことです。あくまでも、対等に話し合うという思いで行うと良いと思います。


この方法は、自然と出来ている人もいると思いますが、人によってはなかなか難しい人もいると思います。

今まで身体や感情に意識を向けてこなかった人や、その声を聞くという考えになじめない人は、難しいかもしれません。この場合でも、選んだ感覚を十分に体験するということを、繰り返してみましょう。諦めるのは、努力してからも遅くありません。


また、ナラティブ・セラピーの“問題の擬人化”方法のように、選んだものに名前をつけ、対話しやすくするというのも一つの手です。参考図書にあげた本の中には、付けた名前として「フレッド」「悪魔」「こっそりちびちゃん」「かんしゃく暴君」などが例として出てきます。要は、ご自身にとってしっくりする名前であれば、問題ありません。

よかったら、試してみてください。


参考図書:
A・モーガン(小森・上田訳)、ナラティブ・セラピーって何?、金剛出版

(続く)
00 : 23 : 43 | 葛藤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>