FC2ブログ
人が成熟するということ3
2012 / 09 / 10 ( Mon )
家族療法の分化について書きましたが、人が成熟するということは、カウンセリングの目標をどこにするかという点と関係していると思います。つまり、相談者が「どのようになりたいか」という理想とする自己イメージ・自己像と関係しています。

同時に、心理療法ごとに目標とするあり方も異なっています。例えば、精神分析家のマックウィリアムズは、次のような目標があると述べています。

・精神疾患の症状が緩和すること
・洞察が深まること
・自分が自分の主体であるという感覚が増加すること
・アイデンティティが安定し、確立していくこと
・現実的なセルフエスティームが育つこと
・自分の感情を認識し、認めて、取り扱う能力が向上すること
・自我が強くなっていくこと(“その人が厳しい現実を否認したり歪めたりすることなく、現実を認めながら、持ちこたえられる方法を見つけ出すことができること”)

相談者がカウンセラーを選ぶ時、そのカウンセラーとの相性というのもありますが、それ以外に、そのカウンセラーが土台としている心理療法との相性というのもあると思います。相談者が目標とするものと、上記の例のように心理療法の目標(治癒像)が一致する、または近いものが望まれるのでしょう。

このあたりは、よく調べてみないと判断が難しいかもしれませんが、カウンセリングを受ける前に問い合わせをしてみたり、継続的なカウンセリングに入る前に実際に会って判断してみたりすることが必要かもしれませんね。


参考文献
マックウィリアムズ,N 成田善弘(監訳)(2006).ケースの見方・考え方,創元社.
22 : 58 : 41 | 自己成長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<教育セラピーを受けて(2012年10月) | ホーム | 人が成熟するということ2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blogforserea.blog48.fc2.com/tb.php/118-660c2d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |