FC2ブログ
マインドフルネスの日々6
2013 / 06 / 17 ( Mon )
マインドフルネスに取り組む時、大切な心のあり方があります。

これに関して、この分野で大きく貢献しているカバット・ジンは、次の7つの姿勢を上げています。
・価値判断をしない
・忍耐
・初心者の心
・信頼
・無抵抗
・受容
・解放

そして、ShapiroとSchwarzは、次の“心の特性”を持つことを勧めています。
・感謝
・優しさ
・寛大さ
・共感
・慈悲

このShapiroとSchwarzの“心の特性”は、前回の記事で書いた慈悲に近いものですね。
やはり、マインドフルネスには、この慈悲という心のあり方が大切なのでしょう。

慈悲のマインドフルネスのやり方は本によって細かい点は異なりますが、
ここでは、弁証法的行動療法の本を参考して、やり方を書きます。

1)楽な姿勢を取り、数回呼吸を繰り返します。
2)しばらくの間、ご自身の意識を、マインドフルに呼吸や身体に向けます。
3)今度は、ケアを必要としている身体の場所、感情的に苦しい部位などに、注意を向けます。
4)優しく、暖かく自分自身に語りかけるかのように、次の言葉を心の中で繰り返します。
 私が、安全で守られていますように
 私が、幸せでありますように
 私が、健康で元気でありますように
 私が、安心して暮らせますように
5)最初は数分間にして、慣れてきたら少しずつ長くしていくのが良いでしょう。

このように、やり方は非常に簡単です。
その上、根気よく続けて行けば、かならず心の平安が得られていくことでしょう。

参考文献
マシュー・マッケイ他(遊佐安一郎他 訳、2011).弁証法的行動療法 実践トレーニングブック 星和書店
23 : 52 : 33 | マインドフルネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お休みをいただきます | ホーム | マインドフルネスの日々5>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blogforserea.blog48.fc2.com/tb.php/128-432c92d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |